2010年02月18日

スピリチュアル入門編

200904229.jpg

ある出来事をきっかけに
お墓参りだけではなく
ご先祖様供養を自分なりに
やってみようという気になった

市役所に行って戸籍を調べ
実家の両親の記録を見せてもらい
ご先祖様の系譜をつくってみた

おじいちゃんやおばあちゃんなら
顔も覚えているし
いろんな思い出もある

でも、まったく顔も知らない
ご先祖様の名前を書き出し
生年月日とご命日を書き出し
享年を計算していくうちに
心の中に不思議な感覚が
満ちてきた

このうちたったひとつの
いのちが欠けても
娘や息子を授かることは
なかったんだと思うと
自然に手を合わせる気持ちが
湧いてくる

どんどんたどっていくと
やがていのちはひとつの源に
たどり着くんだという
あたりまえのことに気づく

いのちはひとつ
自分のいのちは神様の意志を
つなぐ大切な存在なのだと
素直に感じられる

頭ではなく
おなかの底で
理解できる

サイババさんの言葉
「あなた方はみな、神の化身なのだ。
 わたしと同じように、人間の血肉を
 まとった神なのだ。ただ、それに
 気づいていないだけのことだ」

こういう類のことは
頭で考えてもなにもわからない
お腹にしみこませて味わうもの
なのかもしれない


posted by ヒュゲイアケイコ at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。