2008年11月04日

したたか

200810191104000.jpg

仕事をする者として、女として、
「したたか」に生きるという言葉に対して
ずっと、えも言えぬ嫌悪感を抱いていた。

「したたか」という言葉からの連想・・・
  女の部分を利用して、ズル賢く立ち回る
  他人を蹴落としてでも自分が這い上がる
  自分の非を絶対に認めない
  かわいげがない    
             などなど

でも、「したたか」という言葉には
「しなやかに」「たかめる」という意味もあるそうな・・・

広辞苑で「したたか」を調べると
「健か・強か」という漢字で書かれていて
 意味には「非常に強いさま」とある


柳に雪折れ無しっていうように
本当に強いってことは、
重い雪がずっしりと乗っかってきても
折れそうに見えて、じつはしなやかに耐えていて
風でその雪が吹き散らかされると、たちまち、
何事もなかったように、元通りってこと

人に悪口いわれても、逆境に陥っても
そのときはへな〜って参っているように見えても
下手な反発・攻撃に出ず、
丸ごと受け入れて、
そして、それが去ったあとには
まるで何事もなかったように
自分らしい元の自分に戻っている
いや、受け入れた分だけ、元の
自分よりまたうんと強くなっている

いいな〜、そんな生き方

今日から「したたかに」生きようっと!!


posted by ヒュゲイアケイコ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。